渡邊世紀監督作品「未来のカケラ」の舞台となった岩手県大槌町
   
 
震災の死者行方不明者

2万7千668人

舞台となった大槌町でも

死者854  人

行方不明者426人

いまだに行方不明者が426人もいるという現実に

津波の衝撃が我々の想定を遥かに超えているものだったことを教えてくれる

この5メートル以上ある防波堤の倒壊が示している

  

どうして倒れたか調べると

絵に描いたように

防波堤を越えた波が

堤防の基礎部分を掘り起こすという

洗堀現象が起こっていたという

その時の津波の大きさ12メートルを超えていたそうだ!

目の前で流される家族

いったん避難しても

忘れ物や寒いので衣類を取りに行って帰らぬ人になってしまった旦那さん

   
 手をつないでいたおばあちゃんが目の前で流されていく

どうすることもできない悔しさと悲しみが

被災者の心を切り刻む

身内をなくした生島ヒロシさんが

強く訴える

心の復興の大切さを

  
ネットやテレビ 作品を通して心の復興をこれからも続けて欲しい!

今日は「未来のカケラ」の上映会が岩手県で開かれている

  
悲しみと苦しみを乗り越え笑顔を見せてくれる

被災者の皆さん

未来のカケラを集めていきましょう

渡邊世紀監督も駆けつける予定!

心の復興に少しでもお役に立てれば

何度でも思い起こして欲しい

忘れずに!

  
役者として作品を通して 今でも苦しんでる人、

悲しんでる人を含め

沢山の人に見てもらって 

笑顔や感動や勇気や元気を与えられるような人間になりたい。

今日を生きれることに感謝して 明日がくることを祈って

 毎日を精一杯生きていこうと思います。(瑛久2013-03-13)

ありがとう!アキヒサ!

これからも

ずっとずっと頼んだよ!







コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。