このNHKのドキュメントは、アカデミー賞をあげたいくらい

ズバリ胸の奥深く

爽やかな風と優しい風が染み込んで来る

  
電話線のない電話に語られる被災者たちの思い

 

  
 
海の見える素敵なロケーションの中で

   
 
復興の音を聞きながらも

思い残した人生の足跡を

電話ボックスの中で語り告げる

後ろ向きかもしれないが

心の復興こそ最初にクリアーしなければならない被災者の心情が

痛いほど伝わってくる

私が経験した脳出血による左半身麻痺からリハビリに向かうために

真っ先に必要なものは、心のリハビリだった

現実を受け入れてこそのリハビリ

現実を受け入れてこその復興  
今まで生き残った家族を気遣って

  
努めて話したがらなかった息子の心情を

  
思いやったお母さんが

悲しい時は思い切って泣いていいんだよ!

平静を装っていた息子は

その言葉に堰を切ったように泣くシーンには

  

風の電話
のすべてが凝縮されていた

最後に登場した家族のお母さんは帰らない夫を待ち続けている

死にたいと思った事が何度もあったことを

息子二人とお姉さんの前で話す

  
電話ボックスで胸の内をさらけ出した後の家族の会話に

深〜い母の愛が満ち溢れてくる

堪らなく切なくて辛い

というより

爽やかな風が心を吹き抜けるのを感じる

今まで心配させまいと頑張ってきた息子の涙に

抑えることができなくて

一緒に泣いたよ!

その姿を見て

お母さんはこの子たちのために生きることを誓う

主人の生きていた証でもあるし、この子たちを立派に育てないと

   
   
こんなにも切なくて愛おしいドキュメントに

ちょっとやらせを感じたりする

しかーし

調べてみると

なんとこの電話ボックスは

庭師の佐々木格(ささき・いたる)さんが設置したことがわかる

亡くなった人たちと心を通わせることができる場をつくりたいと

震災から1か月後、自宅の庭に電話ボックスを置いたもので

1万人の人が利用しているとの番組の解説を読んで納得

こんなに素晴らしい心の復興はないだろう

風の電話

素晴らしいアイディアを実行された

佐々木さんにこそ

アカデミー賞を差し上げたい

美しい庭で語られる様々な思い

   
 
最後に手を振ってくれる僕に

  
未来のカケラを見つけ

暖かな風を感じ

風の電話が終わる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。