ワンダーキッズ伊藤美誠 が日本を救う

Scroll down to content

伊藤美誠 15歳
前日負けたドイツと再びぶつかる

勝てばメダル確定

伊藤美誠 ちゃんのお母さんが昨日娘に聞く

「トップバッターで行ける?」

美誠 ちゃんはこともなげに

「わー!嬉しい!」

この答えで日本の勝利は決まる

試合前からこれだもの

何度も言おう!メンタルとは心ではない

脳神経細胞をいつもの練習中の状態を維持することなんだ!

練習からその状態の脳神経のあり方を

脳神経に刷り込んでおくこと

それが失うものがないものの強みであり

その強みの状態の脳神経を試合でも出せるようにすること

特にミリ単位でのコントロールを要求される卓球は

ほんのちょっとのズレがすべてを狂わせてしまう

今日のドイツは、ワンダーキッズに完膚なきまでに翻弄される

ドイツこそメダルがかかった一戦に神経のコントロールを失わせる

伊藤美誠 15歳の変幻自在のプレーは

型にはまった日本の卓球の歴史を根底から覆している

コーチの指示もワンポイントだけで

選手の脳神経を混乱させるようなアドバイスは入らない

(タイムを取ったときに伊藤美誠ちゃんは、自分から喋って行く!あたかも自分のやり方を動揺させないようにしているのだろう)

伊藤美誠 15歳が先頭バッターで登場した時

今日は絶対行ける

確信を持って応援!

前後に揺さぶる度胸

相手のフォアーに落とす勇気!

ここぞという時のチキータ !

どんな場面でも脳神経を操る度胸

団体戦は面白いと言わせる平常心 

  
圧勝!

つぎの石川佳純を勢いづかせる!

とその時 予定表が邪魔をする

  

すでに始まっていた!  
   
インターネットのライブ放送の予定が入る

17歳の仮面ライダー西銘君を中央に

紳士服の青山提供のスーツを着て

オスカー9人集がホワイトデーパーティーの宣伝を兼ねたライブが始まる

若いって気持ちいいなー!

  
そう言えばツイッターで

「塩野くんはまだ21歳なのに、どうしてこんなに落ち着いてるんだろ?ブレずにスッとしてるし、ペースが乱れない。ポーカーフェイスって感じなのかな?

でも時々みれる笑顔の破壊力は素晴らしいです😆」

伊藤美誠ちゃんほどではないにしろ

若い時の感性を活かす役者も卓球選手も

同じ脳神経のコントロールという面では重なって見える

練習から実戦と同じような環境で感性を磨いて行く

卓球も世界と戦わせる

役者も北海道から沖縄まで現場で感性を磨いて行く

潜在的に潜んでいる己の脳神経を太くして

新しい脳神経を引き出して行く

  
   
   

最後に泣いたのは

福原愛ちゃんだった!

ケロっとしている伊藤美誠ちゃん!

もともと泣き虫愛ちゃんだったけれど

今は日本チームのキャプテン

泣いても笑っても

この一戦にかける気持ちは同じ

しかーし!!!

脳神経コントロールでは
伊藤美誠15歳に軍配があがる

先兵伊藤美誠の勝利があったらこそ

日頃の力を引き出せた後の二人なのだ!

伊藤美誠15歳に見習おう!

恐るべしワンダーキッズ伊藤美誠!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。