フジフィルムX70とリコーGR

Scroll down to content

  
リコーGRを手放してから後悔する

あれだけの大きなセンサーを積んで

片手持ちで気軽に撮れるGR

忘れもしない京都旅行に同伴する

左半身片麻痺の私にとって、一眼デジカメにとって代われる

GRの素晴らしさはグリップのバランスにある

カッコより、片手で操作できる機能美にある

アナログカメラから受け継いだリコーの信念を感じるGR

大きなセンサーをこなすには

1,手振れに気を付けること
2,厳しいピント合わせ

3,被写界深度に注意

当たり前だけれど、小さいセンサーのアバウトさでは

使い物にならない映像が増える

フジフィルムX70とリコーGRには

どちらも手振れ補正は付いていない

スナップシューターを歌うなら

付けてもイイはず!?

おそらく28ミリのレンズは被写界深度が深くできるので

手振れよりシャッタースピードと被写界深度でカバーできると

開発陣は考えてるだろう

  
二つにカメラには、アナログカメラから発展させた自負が込められている

このカメラは一眼カメラに使い慣れた人達の究極マシン
シンプルそうに見えて、実は奥が深い

気になっていた大きさはどうだろう

  
これはよくわかる!!

特に1番下の写真

リコーは枕胴式で、大きいセンサーとの距離を稼ぐ

フジはスナップシューターの王道

構えて直ぐに撮れるよう、枕胴させずにうまいこと距離を稼いでいる

そこに技術陣の信念を感じる

その分レンズカバーは手動だ!

リコーは自動式に

どこを割り切るか!?

伝統との調和

相当悩んだに違いない

  
キャップは一眼デジカメのの時もいちいちしたことがない

レンズフードとフィルターがあれば良い

  

 
  
これで十分!

真っ先にネットに掲載してくれたサイトを紹介

http://ryo-tokyo.com

セミプロと言えるような方の感想は、何より説得力がある

今持っているフジのXシリーズを売ってでも

手に入れようか迷っている

CPプラスのカメラショーに出てくる

老舗ニコンの動向が気になる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。