木をふんだんに使ったホンダN-1改造車

部分的に使われるだけでも

無機質な鋼鉄の塊に暖かさが蘇る

樹木で作られた自動車がもう直ぐそこに!

なんと鋼鉄の5倍の強度があるという

それが「セルロースナノファイバー」だ!

植物の構造の骨格を成している基本物質「セルロース」をほどいて再構成した繊維材料、それがセルロースナノファイバーだ!

セルロースナノファイバー」は、炭素繊維(カーボンファイバー)の6分の1程度のコストで車のボディから家電製品まで

あらゆる工業製品の材料になる可能性を秘めている。

しかもこのセルロースを取り出す方法に、画期的な物質が見つかったことで

大幅に期間短縮とコスト削減ができるという!

硬さを微妙に調整したり、折り曲げたり、透明化まで可能だそうだ!

近い将来iPhoneの画面は透明なセルロースナノファイバーで覆われるだろう!

しかも熱にも強いそうだ!

熱に対しても強く、線熱膨張率はガラスの50分の1で、石英ガラスと同等の低さ。

隈研吾氏の木材をふんだんに使った国立競技場も、その延長にあるに違いない!
資源は有限

今からどんどん植林しよう!!!

2.3年後はどんどん実用化されるに違いない!

もう一度言おう!

軽さは鋼鉄の5分の1しかないのに、強度は鋼鉄の5倍以上もある

熱に対しても強く、線熱膨張率はガラスの50分の1で、石英ガラスと同等の低さ

信じられない?
京都大学の教授の発表とNHKの放送から

まずは下のサイトへ

http://www.mugendai-web.jp/archives/2863

私の装具も最新のゲートソリューションを使っているが

強度を増すためにステンレスを使っている

  

これが冬場に冷えて、脚まで冷えて、痛みが激増する

1日も早くセルロースを使った装具の登場を待っています

障害者がどれだけ救われるだろうか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。