A案が新国立競技場に決まる

Scroll down to content

  
アメスタを見ながら

新国立競技場が気になり

ニュースを見る
隈研吾さんおめでとうございます。

でもその差は僅差 

 
むしろB案の方が、項目数では上回っているのでは?!

イヤイヤこれからです。

工期、実施方針で本領を発揮して欲しい!

   
   
積み木のように同じコアを作って並べたり、重ねたりして工期短縮をはかる工法は

隈研吾氏の得意とするところ!

新国立競技場ではなく、他の作品でこの写真のように

  
ここまでやると、たとえ木とはいえ、圧迫感が前面に出てあまりに好きになれない!

どうも一級建築士は自分を出そうとするあまり極端に走る

個性を出しすぎると、木のぬくもりを忘れ、不連続の優しさを感じられなくなる。

なんでもバランスは大切

このアオーレ長岡の建築も隈研吾氏によるものだ

  
よく板を見ると

まちまちの幅の板の集積が巧みだ!

音の反響を拡散させる効果もあるのだろう!

アオーレ長岡に行ってみたくなる

きっと長岡市民は今回のA案採用を喜んでいることでしょう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。