冬の到来は

片麻痺の障害者にとって

激しい痛みの季節

耐えて 耐えて 春を待つ

なんとなく春を待つ気持ちを絵にしているうちに

四季の歌を思い出してiPadProを使い、描いてみる

私の心の中にある四季をなんとなく

Applepencilがまだなので、他のスタイラスで

  
春を愛する人は 心清き人

すみれの花のような ぼくの友だち

  

夏を愛する人は 心強き人

岩をくだく波のような ぼくの父親

  
秋を愛する人は 心深き人

愛を語るハイネのような ぼくの恋人

  
 冬を愛する人は 心広き人

根雪をとかす大地のような ぼくの母親



春夏秋冬を愛して 僕らは生きている
太陽の光浴びて 明日の世界へ

最後の章の歌は、ネットで見ていると

知らない章

こんなのがあったんだ!

うまくまとめているのにびっくり!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。