旅は1人に限る

熊本駅前から市電に乗って

水前寺公園に向かう

熊本城のような代表的観光地は

大嫌い!

名も知れない人の集まらない所にこそ

思いがけない出会いや偶然が重なる

市電を下りて、方向が判らず

戸惑う私に声をかけてくれた青年

すぐに分かるハンディに気がついた青年は

「こんにちは」と言って声をかけてくれる

行先を告げながら、話しかける。

20代の青年で、右半身が不自由な事がすぐわかる

私の障害も正直に話す

「どちらへ?」

図書館へ本を返却に来た途中

トートバックに一杯の本を抱えている

ズッシリと重そうだった

こんな杖代わりのキャリーバッグを

見せて「コレだったら楽に運べるよ」

天草からやって来た青年は

隠さず右半身麻痺になった事故の話を

してくれる

20歳の時にバイク事故で

左脳の脳挫傷で7年の歳月が

明るく話す青年の苦悩が見えてくる

私と同じくらいの

歳月を乗り越えて

あらたな生き甲斐と希望をはなしてくれる

どんな思いでここまでやってきたか

直ぐに感じる胸の内

その目は爽やかに輝いて

わたしの涙腺に響く

若いのにわたし以上に

今を生きる気力と達観に

目頭が熱くなる

  
力の無い右手から感じる

優しさと力強さ

お互いに手を握りながら

エールを送る

やっぱりココへ来て正解だ

青年から生きる希望と安らぎを

胸一杯に頂く

「ありがとう!!!

また会おうね!」

足が軽くなり

水前寺公園に向かう

旅は1人に限る

セレンディビティを感じる感性が

研ぎ澄まされるから

青年のなんとも言えない笑顔が

  
明日への原動力に!
セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。