64歳で中国から日本に復帰

その後イギリスチームをコーチしていたようだが

ロンドンオリンピックの後イギリスが強化対象から

シンクロを外す

そのおかげか?

メダルから遠ざかった日本のシンクロ界に舞い戻ってくれる

やはり指導者のノウハウは、経験に裏打ちされた無形財産だ

団体競技は指導者が絶対

そこには民主主義なんて存在しない

練習や本番を離れれば、良き友達、良き母的な存在ではあっても

井村コーチは、そこの住み分けを徹底しているはず

指導に従えないものは、辞めるしかない世界

今回の世界選手権に向かって

厳しい鞭が放たれる

2名の選手が代表を辞退する

やっぱり!

近代スポーツになるためには

井村コーチは外されるのかもしれない

それでも結果を中国、イギリスで残してくる

今回の世界選手権でもメダルを取り戻す

64歳で私生活をなげうって打ち込む姿に

励まされる

すごい人だ!

でも井村時代は確実に終わりつつあることを感じてもいる

プロとして成り立ちにくいシンクロの宿命なのかも

女子サッカーしかり

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。