大好物うな重の味は

Scroll down to content

スタッフの誕生日

その子が働く鰻屋さん

八王子狭間にある泰朋(たいほう)

生きたうなぎを捌いて作る

36年続く伝統の味

 
   初めてご主人と会う

右足が不自由なわけを話してくれる

若かりし時

事故で右足に重症を負う

懸命のリハビリを通して知る

弱者の気持ち

辛い体に鞭打って

ここまでやってくる

そんなご主人と心を通じた時

目の前がパッと明るくなる

しっかり握手して36年捌いてきたぬくもりを感じる

出てきたおかみさんの色艶のいい事

夫婦で切り盛りすると

衝突は避けられない

「主人は頑固で」

頑固じゃ無いと続けられない自営業

不自由な足と戦う日々は

本人じゃ無いとわからない

そんなご主人の作ったうな重は

ちょっぴりほろ苦さを感じる人生の味

噛み締めると

味わいの深さが五臓六腑に染みる

涙が出るうまさ

これぞ蒲焼!

人も蒲焼も見かけじゃないぞ!

 
炭火で焼いた大きなエビまでご馳走に

デザートにメロンまで

人生の翠も甘いも知る女将さん

これからも仲良く続けてくださいね

「お元気で!また来ますよ! 」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。