印象派の代表とも言える

モネの目が見えなくなっても

描き続けた睡蓮の池

光の陰影と様々な色彩のグラデーション

それはもはや抽象画の世界

心象風景こそ印象派の真骨頂

光と影

その世界が描き出す様々な表情に

惹きつけられ

高校時代からカメラを構え

試行錯誤の連続

  
モネが43歳から手入れをしたモネの庭

きっとその世界にどっぷり浸かって

自身で庭を創り出す中で

極めたい気持ち

少しわかったような気がする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。