15才の柔軟性

相手はダブルスだが世界卓球で

金メダルをとって

一躍北朝鮮の英雄になった選手

国の威信をかけている

前半はリードするも後半逆転される

私が言った通り

15才の美宇の柔軟性

変幻自在のレシーブ

卓球の楽しさを

存分に味あわせてもらう

北朝鮮の選手は威信を背負うあまり

カチカチになっている

その段階で美宇が相手の速さを上回る

どうしたらリラックスできるか

勝負の世界も俳優の世界も同じ

俳優の方は後でスタニスキー理論

NYのアクターズスタジオの教えから

触れることにする

美宇はそのリラックスから

身体全体が卓球のラケットそのものに成り切っている

しかも一体になりながらも

全体か見える冷静さを失わない

4:1で撃破!

次は世界ランク1位丁寧とぶつかる

美宇とは反対に福原愛は

頭固すぎ!

リラックスできていないから

柔軟性と集中力に欠ける

見ていて何も面白くない!

世界8位になった時の若さが欲しい

若さがないなら

人生経験が欲しい

美宇にみる柔軟性こそ

卓球の醍醐味

「期待しないから楽しませて!」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。