小さなスピーカボックスでは低音部分が貧弱になる

そのためにバスレフ方式が主流なのだが

もっと効率よく共鳴させるため

スピーカーの磁石部分を省いて

コーン部分だけを共鳴させる

小さいスピーカーの弱点を補う

このブツブツの穴の向こうに

時計の大きさのスピーカが埋め込まれてる

2つの小さなスピーカでも

フルレンジスピーカーであれば7.80ヘルツの低音は出ている

その辺を共鳴させる低音から高音まで

フラットに再生させようと頑張ってる

3.40ヘルツの低音は、聞き分けることは難しい

この小さな巨人は

90〜20000ヘルツまで再生しているようだ

どこで妥協できるか!

どんなスピーカーも

生の音にはかなわない

大学が御茶ノ水

父の法律事務所も電気街の中心に

通い詰めた学生時代

催涙弾で休講になっても

自作スピーカーの視聴は無休だ!

稼いだバイト代をジャズのレコードと

自作スピーカーに注ぎ込む

どんなに優れたスピーカでも

聴き分けられなければ

無用の長物

生の音にはかなわない

それでも

レイブラウンのベースが

心臓を揺さぶる瞬間は

忘れない

自作スピーカーは

青春の墓標

いっそう!

墓石をスピーカー風に

アレンジしようか!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。