アメスタの公開放送を見ながら

「純平、考え直せ」の稽古の様子を知る

ゲネプロを観劇できそう

約2時間の長丁場

ほとんど出ずっぱりという課題をクリアーできるのか?

脚本演出の森岡監督は、基本的な演出を役者に任せる

その反応を隠された才能と感性に委ねる

役者同士の化学反応を見ているようだ

こんな舞台の主役を任されるなんて

未だに信じられない

役者にとって、五感を磨く

最高の舞台

役者にとって

全てを賭ける時があってもいい

あと二週間に迫る

紀伊国屋の舞台

プレッシャーは

ズッシリと

19歳の若者の肩にのしかかる

原作を読めば読むほど

わからなくなる

そんな時奥田さんの原作を読み直す

長渕剛の「my self」が浮かぶ

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから

やっぱり一人になろうとした

それでも寂しくて涙がでたから

俺は初めてほんとの友を探した

だから真っ直ぐ 真っ直ぐ もっと真っ直ぐ生きてえ

純平の心を見透かしたような歌だ!

ゴスペル調のメロディーに

桜島の風景が重なる

最高の仲間に囲まれて

私も涙が止まらない

IMG_7053.JPG

文庫本の帯に

役者の足跡が

その通りに

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。