羽生選手の全治

羽生選手の全治2週間

正式な診断は

「頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫」

脳に異常はないことで一安心する

しかし むち打ち症など、後から出てくる場合があるので

心配である

特に回転競技のフィギアーには、体幹と脳の関係は、
とても微妙だからだ

連盟も少人数でも医師を帯同させることを決めたようである

アメリカはとっくにやっている

根性論で美化しがちな島国日本

スポーツ医学にもっと力を入れねば

野球、サッカーもまだまだ!

練習中の松田選手の死亡事故も記憶に新しい

後輩の元ハードル選手為末君も、コーチ、関係者は、本人がやりたがっても止めなければいけないと、ニュースで言ってくれる。

すぐに変える必要があるのは、
6分間の練習時間に、6人の選手が一斉に練習に入るのは
どう考えても無謀以外にない。

4回転に必要なスピードで各選手が練習に入ったら、
高速道路を逆走するようなもの

ショートプログラムの練習から
その恐れを感じる

オーサーコーチは練習に入る前に
注意を促して欲しかった!

練習の分散をすぐにでも

知恵を絞ればいくらでもある

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。